2015年

8月

23日

北河内大会

8月22日、このチームとして最後の大会である北河内大会が開催され、

第1回戦、大阪東ボーイズと対戦し0-1にて敗戦いたしました。

 

元気、笑顔、全力プレー。

チームがひとつになれば、こんなにいい試合が出来る。

結果は負けましたが、

3年生13人、初めて総監督に褒めてもらいました。

思わずみんな泣いてしまいましたね。



これが終わりではなく、スタートです。


「継続は力なり」


自分に厳しく、日々努力してください。


そして、いつかそれぞれの夢が叶いますように。


 ファイト!朝来ボーイズ!


試合開始!よっしゃ~!!
試合開始!よっしゃ~!!
エース、気持ちのこもったピッチング
エース、気持ちのこもったピッチング
新キャプテンの2年生、先輩とできる最後の試合を楽しんで。
新キャプテンの2年生、先輩とできる最後の試合を楽しんで。
全員野球!
全員野球!
声を枯らして大応援!
声を枯らして大応援!
ラストミーティング
ラストミーティング
最後の「we are champion」は笑顔で!
最後の「we are champion」は笑顔で!
0 コメント

2015年

8月

14日

心の野球

今、甲子園では高校野球全国大会の真っ只中、連日満員のお客さんであふれかえってます。

先日も、大阪偕星高校は素晴らしい試合を見せてくれました。

なぜ高校野球は人を感動させるのか。

毎日必死に練習し、苦しい時つらい時を共に過ごした仲間。何十人もライバルが

いる中で、3年生最後の夏、背番号をもらえた選手ともらえなかった選手。

甲子園のグラウンドでプレーができる選手は、スタンドの仲間の想いを背負うからこそ

全力でプレーし、今まで支えてくれた人たちの為に野球が出来る喜びで笑顔で

プレーする。

スタンドの仲間も全力で応援し、心がひとつになる。

それを見て私たちは鳥肌が立つほど感動するのです。

 

朝来ボーイズ3年生、来週の北河内大会でチームとしての野球は終わります。

 

誰かのために野球をしようとすれば、

必ず声が出る。

応援してくれる人たちを想えば、

笑顔が出る。

 

最後の大会、今まで支えてくれた全ての人たちへの感謝の気持ちを

グラウンドで見せてください。

勝ち負けだけの試合ではなく、心の野球が見たいのです。


 

0 コメント

2015年

8月

10日

大阪偕星学園高校

甲子園初出場おめでとうございます!!


そして、第1回戦

比叡山高校に7-3で勝利しました。素晴らしい試合でした!




0 コメント